お尻ニキビを治すのに効果的!とっておきの方法まとめ

温泉でお尻ニキビを改善できる

ボツボツとしたお尻ニキビができないようにするためには、天然水をお尻に塗るといいです。

 

自分で出来るお尻にきび対策@オススメの商品がありますよ

 

デリケートな状態になっているお尻には、水道水よりも、不純物も含まず、優しい肌触りの天然水で洗った方が、よりそれを悪化させません。

 

しかも、予防効果もあるんです。

 

中には、温泉水をペットボトルで売っていたりするので、それでお尻を洗うのも良い方法ですね。

 

鹿児島県の垂水市の温泉水寿鶴というもので洗うと、なかなかお尻ニキビも改善しますね。

 

日本の各地の温泉から採られた温泉の素をお風呂の中に入れて、ゆっくりと入るといいです。

 

肌がスベスベして、ボツボツとしたお尻ニキビも、何度も入ることで綺麗になります。

 

中でも乳白色の温泉の素が効果があります。

 

お風呂の中で、手でお尻をスルスルと撫でます。

 

それだけでも、お尻ニキビが改善するんです。

 

1番良いのは、本当の温泉に入ることですね。

 

肌を美しくする成分がたくさん入っていますし、熱いお湯で新陳代謝も上がります。

 

色々な温泉はありますが、特に、草津温泉が効き目があります。

 

栃木県の鬼怒川近くの温泉も効果的ですね。

 

箱根や強羅なら、奥に入った場所が乳白色の温泉となります。

 

硫黄の香りもそのままに、かなり肌がスベスベとなります。

お尻ニキビが気になる

 

私はお尻ニキビがよくできます。

 

顔にもほとんどニキビはできないし、お尻以外の箇所にはほぼニキビはできないのに、なぜかお尻ニキビだけ頻繁にできてしまいます。

 

顔よりは見えない部位であるお尻はましかもしれないけどお尻ニキビがないことに超したことはありません。

 

お尻ニキビができると下着に触れて痛かったり、座るとニキビがある位置にお尻をつけて座り痛いと思うことがよくあります。

 

お尻ニキビは地味に痛いので厄介です。

 

私はお風呂に入るときにお尻ニキビができているか確認して、ニキビができていたらいけないとはわかっていても潰したり触ったりしてしまいます。

 

これがお尻ニキビが改善されない原因だろうなと思います。

 

見えない部位というのがメリットでもあり、デメリットでもあります。

 

さっきは見えないからニキビができてもわからないと言いましたが、見えないことで潰して治りが遅くなってもいいやと思っている自分がいます。

 

けどお尻ニキビが気になって潰して後から潰さなければよかったと後悔することもよくあります。

 

なるべく潰さないように気をつけながらお尻ニキビを改善していけるようにしたいと思います。

 

美尻に憧れるので、私も美尻になれるように努力していきたいと思います。

皮脂の量がお尻ニキビに悪影響となる

 

お尻ニキビのように、気がつくとニキビが出来ているような部分は、どうしてこのような状態になるのか自分でも分からない事が多くあります。

 

ニキビになってしまう要因は、皮膚の状態が清潔に保てていないという可能性が高いため、お風呂に入る習慣を高めてより洗浄する時間を増やすのです。

 

私たちは生活していると常に汗をかくし、皮膚に脂分が分泌するのです。

 

これらが毛穴に溜まってくると、そこで雑菌が繁殖してニキビとなってしまうのです。

 

これを避けるためには、常に汗の汚れやホコリなどを除去することが大事です。

 

そんな事から、洗浄する時間を高めていくことが必要になるのですが、それとは逆に洗浄しすぎることもニキビになってしまう可能性を高めるのです。

 

それは、私たちの体はある程度の脂分が分泌されて体をホコリなどからコーティングしているのです。

 

この微量の脂分を常に洗い流す習慣となってしまうと、体が過敏に反応して脂分を余分に分泌させる事があります。

 

このように、体の脂分をコントロールするために洗浄しすぎて乾燥させるのも問題であるし、脂分が増えすぎるのも問題となります。

 

このあたりを自分で良く考慮しながらコントロールしていく事が大事になってくるのです。